好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

恋わずらいのエリー

:::恋わずらいのエリー 5巻17話感想:::

更新日:

デザート2017年4月号に掲載、
恋わずらいのエリー17話のネタバレ・感想です!
コミックスでは5巻に収録になると思われます♫

前回までのあらすじ

テストで赤点を取ってしまいクリスマスも補習になってしまったけれど、合間を縫って近江くんに会いに行ったエリー。
そこで2人は初めてのキス♫
そしてその流れで、近江くんから家に来ないかと誘われ…!?

5巻17話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

近江くんのご両親は仕事で遅く、誰もいないとのこと。

ってことは、誰もいない近江くんの家で×××…!?
と変態な想像を繰り広げて鼻血を出すエリー。

そうこうしているうちに近江くんの家の前まで到着します。
近江くんも緊張してるみたいで顔赤いよ~(∩´∀`)∩
それにしても近江くんの家大きい…!!

覚悟を決めて近江くん家の中に入ると、、

エリーの知らない女の子が出てきます…!
近江くんはこの子を「さくら」と呼んで、なんだか親しげ。

この子、近江くんのイトコだそう。歳は中1。
たしかにどことなく似てる気がする。
近江くんのイトコということは、彼女のお父さんは…汐田先生。

なんだかこの子、明らかに近江くんのこと好きみたいで、エリーのこと牽制してくるし。嫌な予感。。

しばらくすると、汐田先生がさくらちゃんを迎えに来ました。
このままじゃエリーと近江くんが2人きりになっちゃう…と考えたさくらちゃんは、
もう時間も遅いから、エリーのことも駅まで送ってあげたほうがいいとお父さんに提案します。

近江くんの家でラブラブ…なはずだったのに、志半ばで帰ることになってしまったエリー。
ってか近江くんの部屋にすら行けてないじゃん…!笑

でも帰り際に近江くんからクリスマスプレゼントを貰って、一気にテンションが回復するエリーなのでした。

**

汐田先生に送ってもらう車中で、エリーはさくらちゃんから質問攻めに遭います。
どっちから告白したのか、付き合おうって言ったのはどっちなのかとか。

そういえば、気持ちは確かめ合ったけど付き合おうとか話したわけじゃない…。

「そーゆー話は…ちょっとしてなくて…」

とエリーが言うと、さくらちゃんはホッとしたような感じ。。
も~!近江くんがいつまでも付き合おうって言わないからー!!

**

駅に着いてプレゼントの包みを開けると、かわいい手袋が入ってました(*´ω`*)
ネックレスとかかな~って思ったら違った。

近江くん独占欲強そうだからアクセサリーだと思ったのに。笑
手袋、高校生らしくていいわ~♫

そして近江くんへのお礼でエリーの送ったLINEがまたいい。
"これをつけて出かけるのが楽しみ!!"って、かわいすぎか。笑

大好きな人とキスをして、プレゼントまで貰った。
自分は世界一幸せな女の子だと実感するエリーなのでした。

ちなみにエリーの送ったLINEには、

「なら出かけよ」「31日の夜ひま?初詣行こ」

とちゃんと返事が来ましたよ♫

**

大晦日の夜になり、近江くんが家まで迎えに来てくれますが、、
なんと汐田先生&さくらちゃんも一緒( ゚Д゚)

家に親戚が集まってて、出かける時にバレたとのこと。
も~なんで付いてくんの…(´;ω;`)

2人じゃなくても十分嬉しいけど、「あとであの2人撒こう」と言われ更にテンションが上がるエリー。

神社に着くと、参拝客で既にすごい人だかりが。
そしてさくらちゃんは、あからさまにエリーを牽制してきます。

汐田先生曰く、一人っ子同士ずっとつるんでたから、さくらは近江くんのことを兄みたいに慕ってるとのこと。

さくらちゃんと仲良くなれたら、近江くんの小さい頃の写真を見せてもらおうとエリーは画策してますが、、多分ソレ無理そう。笑

**

参拝の前におみくじを引きたがるさくらちゃん。
エリーも一緒に引くことに。

結果、エリーは末吉でさくらちゃんは凶。
さらにさくらちゃんのおみくじには、"昔から大切にしてきたものを失う時期"と書いてあって、落ち込んでしまいます。

そんなさくらちゃんを見かねて、エリーが彼女のおみくじをしっかりと木に結んであげます。

ライバルの自分にも優しくしてくれるエリーのことを、一瞬認めそうになるさくらちゃんですが、、乙女心は複雑です。

**

その後宣言通りさくらちゃんと汐田先生を撒いて、2人っきりになった近江くんとエリー。
自分があげた手袋をエリーがはめてくれているのを見て、近江くんは嬉しそう。

そして手をつないで歩く2人ですが、やっぱり直で手をつなぎたいという欲求が抑えられなくなったエリー。

恐る恐る手をつなぐと、不思議と手袋をしてる時よりもあったかく感じるのでした♫

そんなラブラブな2人の姿を、少し離れたところからさくらちゃんが見ており複雑な表情を浮かべています―。

**

さくらちゃん・汐田先生と合流し、一緒にトイレに行ったエリーとさくらちゃん。
そこで、またさくらちゃんから牽制されます。

付き合ってないのに手をつないだり、家に連れてきたり、普通大事にしてる子にはそんなことしないと言うさくらちゃん。
それに対して、近江くんはそんな人じゃないと否定しながらも、だんだん不安になってくるエリー。

「章はああ見えて昔から不器用でさ、今まで何人もの女の子期待させてきたのも事実だし。
だからごめんね、あたしがかわりに謝っとく」

恋愛偏差値の低いエリーは、どう反応していいのかわからず。。
波乱の予感です…!!

------------------------------------

あんな風に照れまくって、不器用で思ったように事を進められない近江くんが、遊んでるわけない!!って第三者からなら確信して言えるけど、恋愛偏差値の低いエリーからしたら自信を持ってそう思えないよね。。

ってかさ、近江くんがちゃんと付き合おうって言えばよかったんだよ!!!
も~逆になんでまだ言ってないの??笑
まぁかわいいから許すけどさ…笑

中1がライバルか~、負けるなエリー。
大丈夫、近江くんはエリー以外見えてないよ♫

近江くんはきっと、さくらちゃんのことイトコ以上には見てないとは思いますが、、
今後さくらちゃんがどう出るのか。
次回も楽しみにしてます!!

-恋わずらいのエリー

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.