好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

コレットは死ぬことにした

:::コレットは死ぬことにした 7巻44話感想:::

更新日:


コレットは死ぬことにした(7)幸村アルト

コレットは死ぬことにした7巻44話の感想です♫

前回までのあらすじ

カロンの100年に一度の定期メンテナンスで天界を訪れたハデス様とカロン。
ちょうどその日、天界ではオリンポス十二神の会議が行われていました。
そしてその会議で、ハデス様をオリンポス十二神に迎え入れてはどうかという議題が上がって…!?

7巻44話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

ゼウス様が提案した、ハデス様のオリンポス十二神入り。
でもそれは難しい議題で、十二神の中でも賛成意見・反対意見がそれぞれ出ます。

果たしてこの議題の結論は―!?

**

その頃ハデス様とカロンは、アポロンの帰りを待っていました。

カロンはハデス様が十二神に入ってないことをモヤモヤしながらも、
入ったら入ったでハデス様を天界に取られるみたいな感じがして複雑な気持ちらしい。

確かに十二神に入ったら天界への出張が増えそうだよね~。
近寄って来る女神様も増えそうだし。
うん、十二神入りは反対で!!笑

しばらくして十二神会議を終えたアポロン様が帰って来ました。
さっそくカロンのメンテナンスがスタート。

メンテナンス…
つまり、スカスカになったカロンのお腹などに詰まってる"中身"を入れ替えること。
定期的に入れ替えないと腐っちゃうらしい。

ハデス様の加護のおかげで入れ替える時の痛みはないけど、気持ち悪いし怖いしで施術中涙が出るカロン。
そんなカロンの手を、ハデス様がしっかり握ってくれます❤

女神様の呪いを受けて、最初に施術した時してくれたみたいに。
ハデス様、お優しい…😳❤

施術中、十二神会議でハデス様を十二神入りさせるか否かの議題が出たと話すアポロン様。

アポロン様は、興味本位でハデス様がそのことについてどう思ってるのか訊いてきます。
最初に十二神入りさせてもらえなかった時、不満に思ったのか、悲しんだのか。

それを聞いて我慢できなくったカロン、手術台から飛び起きます。

「ちょっと待ってくださいよアポロン様。おれの主を茶化さないでもらいたい。
たとえアポロン様でもぶっとばしやすよ」

カロンがアポロンに盾ついたこと、ハデス様は思わず笑ってしまいます。
前も女神様に盾ついたり、時折突拍子のないことをするカロンのそういう所が、ハデス様は好きなのです。

そしてハデス様、十二神入りについて自分の意見を述べます。

自分は裁判官で、死者をすべからく裁く者。
神にも人間にも味方をしない、単独の存在でありたいこと。

以上のことから、会議の結果がどうであれ、十二神に入りたいとは思っていないそう。

というかそもそも、十二神なんて面倒だから嫌なんだとか。
統率も何もなさそうな神々の会議になんて参加したくないそう。笑

た、たしかにキャラの濃ゆい神々ばっかりだもんね…(;´・ω・)

結局会議の結果も、アテナ様がハデス様と同じような意見を述べて現状のままとなったそうです。
ちなみにアポロン様も同意見。

十二神入りが実現しなくて、ちょっと安心するカロンなのでした♫

**

さてその頃、コレットは"とある生き物"と出会ったようですが…
その場所は…海!?

コレット、今どこにいるんだろー??

-------------------------------

ハデス様の十二神入り、白紙になってよかったー!!
ゼウスも良かれと思って提案したんだとは思うけど、ハデス様は現状のままでいいのー!

十二神に入ったら女神様たくさん寄ってきそうだし、
周りからも嫁を取れとか言われそうだし。

誰ともつるまず孤高なハデス様(でも冥府では信頼のおける家来たちに囲まれてる)が良いんですー!
コレットともなかなか会えなくなっちゃいそうだしね。

あ、でもハリーはお出かけ用の服たくさん作れるから喜ぶのかな…。
でもきっと冥府にいてくれる方が嬉しいよね。うん。

さてさて、コレットは今どこにいるのかなー??
新たな出会いの予感。

次回も楽しみにしています♫

-コレットは死ぬことにした

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.