好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

これは愛じゃないので、よろしく

:::これは愛じゃないので、よろしく 2巻6話感想:::

更新日:


これは愛じゃないので、よろしく(2)湯木のじん

『これは愛じゃないので、よろしく』2巻6話の感想です♫

前回までのあらすじ

自分の人生を狂わせたさらに復讐をしようと考える九条くん。
さらと付き合って、最後に捨ててやる作戦でしたが…さらは「付き合わない」と一点張り。
そして男子校の文化祭をきっかけに、さらに近づく男が現れて…!?

2巻6話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

大家くんが九条くんに元カレ宣言をした後、カフェに連れて行かれたさら。
元カレとか意味分からないことを言われ、さらは激おこです。

「ちょっとふたりで話したかっただけだよ。そんな怒るなよ」

また泣いてるんじゃないかと思ったら心配だったと言われ、悪い気のしないさら。

そして大家くんと最寄り駅が同じことが発覚し、明日から一緒に登校しようと誘われます。
何故?と思いながらも断り切れないさら。

**

翌日、半ば強制的に一緒に電車に乗ると、九条くんと犬飼くんが同じ電車に乗っていました。
さら達は気づいていないようですが。

北高に行ったのもあの男がいるから?
ナンパされたって言ってたけど相手はあの男?

だいたい男と付き合ったことあるように見えないし、だいたい元カレって本当なのか?

九条くんは、頭の中に疑問が次々と浮かびます。
けれど学校に着いてからも、自分からさらにはなかなか聞けません。

こっちから色々聞いたら、すごい気にしてるみたいになるからそれは嫌。
あっちから何か言ってくるまで待とう…と思ってると、あっという間に放課後になっていました。

**

放課後、さらのケータイに大家くんから電話がかかってきます。
迎えに来たから一緒に帰ろうと言われ、電話は切れてしまいます。

校門に着くと、本当に大家くんが待っていました。
するとちょうど、九条くんが男友達1人と女子2人で遊びに行こうとしているところに遭遇します。

九条くんは、自分といる時と違って女子に笑顔を振りまいています。
大家くんは、後をつけてみようと提案します。

九条くんたちが映画館に場所を移動したので、急いで同じ回の映画のチケットを購入する2人。

初めて男の人と映画を観るなら、相手は彼氏って決めてたさら。
こんな知らない男子と観ることになるなんて…と悲観します。
すると、

「いいじゃん、オレも女子と観るの初めてだし」

と大家くん。
意外と遊んでない…のかな?

観ることになったのは恋愛映画。
九条くんはさらと大家くんに気づき、モヤモヤしながら映画を楽しむこともできません。

けれどさらと大家くんは、泣くほど映画に感動。
同じ映画で泣けるのは、さらにとって高ポイント。

来月も観たい映画が上映されるそうで、一緒に観に来ようと言われ悪い気はしません。

そんな話をしていると、帰りのエレベーターの中で九条くんと鉢合わせてしまいます。

九条くんの横にいるのは、かわいい女の子。
そしてとても親しげ…
女子の方から腕を組んで、どこかへ歩いて行きました。

「あれはまぁあやしいけど、彼女ではないな、多分。
見つかっちゃったね、どうする帰る?明日もあとつける?」

「…もうしない」

さらはモヤモヤしたまま、自分が"嫉妬"してることには気づいていない様子―。

**

さらの高校ではもうすぐ文化祭が。
準備で大慌てです。

教室に一人残って作業をしていると、昨日考え事をしてて眠れなかったせいで、睡魔に襲われます。

スマホを持ったまま居眠りしていると、九条くんが教室に入ってきました。

さらの寝顔を見て、寝てると昔のままだと懐かしむ九条くん。
するとさらが手に持ってるスマホが鳴り、画面には大家くんの文字が。

さらはその音で起き、目の前に九条くんがいるのに驚きます。

「元カレ?出ないの?」

さらは電話に出ようとしません。

「昨日何してたの?何で一緒に電車乗ってんの?何で今電話してきてんの?
好きなの?こいつのこと」

とまくし立てます。
自分だって女の子と遊んでたくせに、それは棚に上げて…。

イラッとしたさらは、九条くんには関係ないと言いますが、

「あるから聞いてるんだよ」

と九条くん。
だからなんで、本気じゃないくせに自分に気があるような態度を出してくるの…?

「...今まで色んな女の子といっぱい遊んできたんでしょ。
私そういう人嫌いだもん!九条くんなんかと絶対付き合わないもん!」 

九条くんは、その言葉にさらにイライラします。
優しくしたって、大切にしたって何も覚えてないくせに。

嫌なことだったらずっと覚えてられるなら、もっと傷つけてやる―。

そう思って、無理やりキスしてみようとしますが…
さらの「そういう人嫌いだもん」が思っていたよりショックで。

結局ためらってしまう九条くんなのでした。

**

その頃、さらの高校に遊びに来ていた大家くん。
教室から出てきた九条くんを見て、さらには会わずに帰ります。

案内してくれた女子に、彼女に会いに来たんですか?と聞かれますが、
彼女でも好きな人でもないと答えます。

じゃあなんでわざわざ会いに来たのか―。

「暇つぶし?」

と答える大家くん。
とんでもない腹黒男でしたΣ(゚Д゚)

さら早く気づいて、逃げてー!!!

--------------------------

てか、大家くんなんなの。
九条くんのことを散々"遊んでる"とか言ってさ、自分も暇つぶしなんかいヽ(`Д´)ノ
いつか制裁が下ればいい!!

九条くんもさらも、自分の気持ちの整理がつかない感じですね。
お互いのことが気になるのは確か。
それが果たして恋なのか、、お互い考えなければなりませんね…!!

-これは愛じゃないので、よろしく

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.