好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

ばいばいリバティー

:::ばいばいリバティー 2巻7話感想:::

更新日:


ばいばいリバティー(2)八田鮎子

別冊マーガレット2017年4月号に掲載、
『ばいばいリバティー』2巻7話の感想です♫

前回までのあらすじ

匠に準備を手伝ってもらい、いよいよ迎えた杉原さんとのデート当日。
緊張で空回る理奈だけど、匠の助言でなんとか楽しむことができました。
しかし、杉原さんと訳アリな様子の女の人が現れて…!?

2巻7話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

結局さっきの女の人は、杉原さんの元カノだそうです。
お互い仕事が忙しくて、半年前に別れてしまったそう。

杉原さんは元カノにまだ未練がありそうな感じ。。
これは…失恋フラグ立っちゃったかな~( ノД`)

杉原さんは、まだあの人のことが好き。

現実を突き付けられ、落ち込みながら帰宅する理奈。
自分の家に帰る前に、お隣のインターホンを鳴らします。

手伝ってくれたから、デートの報告の義務があると思い訪ねたのです。

杉原さんには好きな人がいると報告すると、匠も初耳のようでした。
諦める気でいる理奈に、匠が一言。

「これからこっちに矢印向けりゃいいじゃん」

…そ、そうだよね!!まだこっちにも勝機はあるはず!!
理奈もホントのところは、匠に背中を押してもらいたかったのかも…?

匠の後押しもあり、杉原さんに告白することを決めた理奈。
傷つきたくないっていう気持ちはあるけど、だからって逃げたりするような弱い女にはなりたくない―。

**

さっそく翌日、それを実行することに。
匠に伝言を頼んで、杉原さんと閉店後にアポを取ります。

閉店までの時間、家でソワソワと過ごす理奈。

いざ時間が近付き、お店まで行くと、、
お店の中で杉原さんと元カノが抱き合ってるではありませんか…!Σ(゚Д゚)

理奈は無理やり笑顔を取り繕って言います。

「杉原さん、その人戻ってきてくれたんですか。
…よかったですね、おめでとうございます」

そう言ってお店を去る理奈。
まだ残っていた匠が追いかけてきますが、強がって笑顔を見せます。

告白する前でよかった。
今度こそ本当に終わり。

理奈の初恋は、あっけなく終わってしまいました…。

**

翌日、学校でも笑顔でりんご・久美に失恋したことを話す理奈。

見かねた匠が、理奈を呼び出します。
中庭に連れて行かれ、何かと思うと…匠が急に腕を広げて言います。

「ホラ、好きに使えよ」

今だけ特別に胸を貸してやるとのこと。

まさかそう来るとは。笑
理奈にも慰めようとしてくれてるのは伝わりますが、さすがにそれは遠慮します。
すると、

「…なんなんだよ昨日から。カッコイイとでも思ってんの?
本当は全然平気なんかじゃねぇよな?違うか?アンタ見てるとすげームカつくんだよ」
 

と言われてしまいます。
しかしそれを黙って聞いてるような理奈ではありません。

「そうよカッコイイと思ってんのよ。誰にだってこうありたいって理想があるでしょ。
つらい時こそ好きな自分でいたいの。そういう生き方をしたいの。」

は理奈の頭に手を伸ばし、自分の方に引き寄せます。

「だから胸かしてやるって言ってるだろーが」

自分をカッコよく見せたい、そんな気持ちは誰にでもある。
けど今くらいは、カッコ悪いなんて誰も思わない。
そう匠が言うと、我慢してた思いが溢れ出します。

周りからすれば大したことなかったかもしれないけど、初めての恋に必死で。
仕方ないってわかってるけど、すごくつらくて悲しくて…。

理奈は話しているうちに涙が止まらなくなります。

匠の胸で泣いて、少しスッキリした理奈なのでした―。

-------------------------

杉原さんへの恋、あっけなく終わっちゃいましたね~(´;ω;`)
でもこれは、匠への恋に気付く序章に過ぎないのか…!!
その前に匠が理奈の事を好きになりそうですが。

何はともあれ、これをきっかけに二人の距離がより縮まりそうですね!!
続きを楽しみにしたいと思います♫

-ばいばいリバティー

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.