好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

アナグラアメリ

:::アナグラアメリ 5巻30話感想:::

更新日:


アナグラアメリ(5)佐藤ざくり

マーガレット2017年11号に掲載、
『アナグラアメリ』30話の感想です♫
コミックスでは5巻に収録になると思います!

前回までのあらすじ

バイト先の親睦会に参加したあめり。
お酒のノリについて行けなかったあめりは、同じ境遇の世堂とずっと話していました。
世堂は男ウケを狙わないあめりが面白いみたい。
そして帰り道、世堂に誘われ深夜のファミレスで二次会をする事に…!

5巻30話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

ファミレスに入ったあめりと世堂。
奢ると言ったけど、ファミレスのドリンクバーのコーヒーなんかでよかったのかと疑問が残ります。

「別にこれで充分うまいしそれに…もう少しあんたと話してたかったし…」

そう言った後で自分が言った事に恥ずかしくなる世堂。
でもあめりにはそんな事伝わってません。

「わかるよ…もっと私と映画トークしたかったんだよね!」

そういうわけで言ったわけじゃないけど、そういうことにする世堂。
そしてディープな映画トークで盛り上がる2人。

楽しい会話が続きますが、いい加減"あんた"と呼ばれるのが気になるあめり。
名前で呼ぶように言います。

すると言われた通り、さっそく名前で呼んでみる世堂。

「あめり」

呼んでみた後で真っ赤になっちゃう世堂が可愛い♫

そして終電が終わってることに気が付く世堂。
けれどあめりは朝までつき合うと言ってくれます。
申し訳ないと思いつつも、その言葉で喜んでしまいます。

結局、あめりのことはさん付けで呼ぶ事にした世堂。
実際年上だし…って、そういう年上を敬う気持ちが世堂にあったのか。笑

「…世堂って、うちの弟みたいだな!」

とあめり。
それを聞いて世堂の心は沈みます。

帝斗の話になり、同い年で幼なじみで家がとなりだと聞き、なんだその最強の3コンボ…と更に落ち込みます。

ちなみに世堂は今まで彼女がいたことは一回もないとのこと。

「てか恋愛に興味ない。あんなの暇人のやる事だろ。
人を好きになるって事がどういう事なのかそもそもわかんねー。なった事もない」

あめりはそれを聞いて、かつての自分を見るかのような気持ちになります。

「…突然見える世界が変わるよ」

今まで当たり前に見てたものがキラキラして見えて、地面から足が浮いてるみたいにふわふわして。
会えたら嬉しくて、嬉しいのにキュって苦しくなって、意味もなく泣ける。
そして気づいたらもう戻れない―。

あめりは自分の体験談を語ります。
世堂にはまだその感覚が理解できないようですが。

そのうちにあめりはソファーに寄りかかり寝落ちしていました。
あめりの無防備な寝顔を見て、世堂には言い表せない感情がわいてきます―。

**

始発が動き始める時間になり、ファミレスを出るあめりと世堂。

世堂にはもう少しあめりと一緒にいたいという気持ちが出てきますが、、
これ以上つき合わすわけにもいかず、2人はそれぞれの方向に歩き出します。

けれど世堂は最後に、あめりを思わず呼び止めます。

「あめりさん!」

あめりは振り返ってくれますが、用があるわけではなく。

「…なんでもない、またね」

って世堂、完全に恋してる顔ですがー!!(*´Д`)

**

帰り道、世堂の頭の中にはあめりの言葉がこだましていました。

今まで当たり前に見てたものがキラキラして見えて。
地面から足が浮いてるみたいにふわふわして。

会えたら嬉しくて、嬉しいのにキュって苦しくなって。
そして気づいたらもう戻れない―。

そんな気持ちを今、あめりに対して感じているのです…。

わわー!!
世堂があめりへの恋心を自覚したっぽい…!!
どうなる今後…!?

------------------------

朝まで2人でファミレスとか、帝斗が知ったらマズくないっすか!?(゚Д゚)
あめりはこの事を言うのかどうか…

でも帰って来てない事、帝斗だったら気付いてそう。
部屋の明かりがいつまでも点かないな~とか見張ってそう。
そこまで粘着質じゃないか。笑

世堂は案の定あめりの事好きになっちゃいましたね~。しかも初恋か。
初恋が彼氏持ちの女の子なんて、ハードル高すぎる…

辛い恋になりそうで、なんだか…傷つくのが目に見えてこっちも辛い(´;ω;`)
でもあめりの言う通り、もう戻れないんだよね、気持ちは大きくなるばかりなんだよね。。

う~ん。。頑張れ、としか言えない…!!
世堂の初恋を見守っていきたいと思います!!!

-アナグラアメリ

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.