好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

恋わずらいのエリー

:::恋わずらいのエリー 5巻20話感想:::

更新日:

デザート2017年9月号に掲載、
『恋わずらいのエリー』20話の感想です!
コミックスでは5巻収録になると思われます♫

前回までのあらすじ

近江くんと付き合うことになって浮かれるエリーは、授業中に溢れる思いをツイッターに載せようとしていたためスマホを先生に没収されてしまいます。
そして同じくスマホを没収された要くんと、放課後居残り作業を命じられます。
そこでコミュ障で悩んでいる要を励ますエリー。要くんの心にはエリーの言葉が響いたようです。
うっかり作業中に足をケガをしてしまったエリーは、保健室に。

5巻20話のあらすじ【ネタバレ注意】

エリーが保健室に行った後、さっき言われた言葉をかみしめる要くん。
するとそこに先生がやって来て、没収していたスマホを返してくれます。
エリーのも返しておいてほしいと、一旦預かります。

とりあえずTwitterを見ると、"恋わずらいのエリー"のアカウントが更新されていました。
さっきエリーが授業中に更新したツイートですね。

んでそれに要くんがペロリーナのアカウントでコメントをつけます。
すると…!預かったエリーのスマホにポップアップが表示されるではありませんか!

『ペロリーナさんからメッセージが届きました』 

と!!
要くんは目を疑いますが、市村さん=恋わずらいのエリーということが判明してしまうのでした。
どうやってバレるのかと思ってたら、こんなバレ方か…なるほど。

**

エリーはその頃、保健室の先生に足を見てもらっていました。
もしかしたらヒビが入ってるかもしれないと言われ、焦るエリー。

先生から家に連絡を入れてくれることになり、迎えに来てもらって病院に行くことに。
先生が電話をしている間、1人で保健室で待っていると要くんがやって来ます。

先生から預かってたスマホを渡してくれる要くん。
近江くんからLINE来てるかも!と慌ててスマホを見るとホントに来ていました。
さっそく保健室に居ると返信。

恋わずらいのエリー=市村さんだと確信した要くんは、エリーに向き合って椅子に座ります。
目の前に座られて気まずくなったエリーは、とりあえず会話を。

「こーして没収されてみると、改めてスマホの大事さ身に染みますねっ!
半日ないだけでソワソワしちゃいました」 

それはスマホ依存だと指摘されますが、要くんだって同じようなものでは…?とツッコむエリー。

そしてツイッターをやってるのか聞かれます。
まさか自分のツイッターを見られてると思わないエリーは、「たしなむ程度に」と答えます。笑

「あのさ、あんた―…」 

と要くんが聞こうとしたところで、近江くんが入ってきます。
エリーが居場所をLINEしたので来てくれたみたいです。

要くんは近江くんの顔をジッと見た後、保健室を出て行くのでした。

要くんがいなくなった後、近江くんはエリーのケガを心配してくれます。
不謹慎ながら、近江くんが心配してくれるのが幸せに感じるエリーなのでした。

お母さんが迎えに来てくれるというので、準備をしようと立ち上がると足に力が入らずバランスを崩してしまいます。
それを近江くんが支えようとすると、アクシデントで胸に手が当たってしまいます。

感覚が全然なかったと言う近江くん。ひどいww

そしてそこでエリー暴走。
もっと触ってもらって大丈夫と言い、ベッドに仰向けになります。

一度は言われるがままにさわろうとする近江くんですが、

「エリーわかってない。そんな風に言われたら逆にさわれなくなる…」

と断念するのでした。
男心は難しいのです。

赤面しまくりな近江くんが可愛い。

**

翌日、ギプスを巻いて松葉杖で登校するエリー。
紗羅ちゃんにも驚かれます。

ギプスが取れるまで2週間くらいはかかるとのこと。
ちょうど2週間後にバレンタインがあるので、それまでに治るといいですが。

紗羅ちゃんは憎まれ口叩きながらも、高城先輩に毎年あげてるようです。
ウワサをすると高城先輩が現れたので、紗羅ちゃんは先輩とケンカしながら教室の方に向かいます。

1人靴箱の所に残されたエリーの元に、要くんがやって来ます。

「足、すごいことになってんね。貸して、運ぶ」

とカバンを持ってくれます。

要くんは今日寝不足とのこと。
というのも考えごとしてたらなかなか寝つけなくて6時間くらいしか寝てないそう。
…って十分寝てるじゃんww

何を考えていたかと言うと、人生について。
人生思ったよりうまくいかないし、来世に期待って方向で生きてきた。

けれど自分と同じくらい今世絶望的だな痛い奴だと思ってた人が、実際会ってみたら結構リアルで奮闘してて。
それが悔しいような眩しいようなで、動揺してしまったそう。

「つまり、オレも今世に期待してみたくなったって話」

それがまさか自分の話だとはつゆ知らず、要くんを応援するエリー。

「だからさ、オレと友達になってよ市村さん」

そう言ってエリーの袖を掴む要くん。
見たことのない表情に、エリーは…!?

-------------

あ~とうとうエリーの正体バレちゃいましたね。
要くんはエリーと近江くんが付き合ってること察してるのかな?
下駄箱のところでバレンタインの話も聞いてたってことだよね??
いや~そういうところは鈍そうだし気付いてないかな?

要くんの接近で、面白くなりそうな予感!
来月号はお休みだそうです(´;ω;`)
再来月を楽しみにしたいと思います!

-恋わずらいのエリー

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.