好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

おすすめ漫画 ひとくち、ふたくち、

おすすめ漫画:ひとくち、ふたくち、

更新日:

 
ひとくち、ふたくち/倉月忍

2014年にデビューされた倉月忍先生の初コミックスです!
ザ花とゆめに掲載されていた『ひとくち、ふたくち、』が念願のコミックス化です♫
当初読み切りだったのが、人気が出てアンコール掲載になったもの。
主人公2人が微笑ましいし、ご飯も美味しそうだしでおススメです!

あらすじ

風紀委員長の真柴くんには、最近気になるものがひとつ。
ハデめな同級生・佐伯さんの校則違反…
ではなくて、お昼時、つまらなさそうにメロンパンをかじる彼女の横顔。
そんな佐伯さんを放っておけず、真柴くんが放った一言は…
「俺がもうひとつ弁当を作る」!?デコボコな2人の幸せランチタイムが始まります!

こんな人におススメ

・料理男子万歳!
・世話焼き男子万歳!
・ツンデレ女子万歳! 

個人の主観なので悪しからず。笑

詳しいあらすじ【ネタバレ控えめ】

これぞ花とゆめ!って感じの絵柄。(個人の主観です)
うまく言えないけど、マーガレット系とかとはちょっと違うんだよね~。
なんて言えばいいんだろ。

ヒロインの、校則違反で風紀委員泣かせの佐伯さん。

そんな彼女、お昼はいつもメロンパンとかポテチとコンビニ弁当とか…
不健康そうなものばっかり食べています。しかもつまらなさそうに。
父子家庭で食生活は乱れっぱなし。

一方の真柴くんは、両親が共働きで妹のために家では食事係をこなしています。
だからお弁当作りもお手の物。

佐伯さんの食生活を見かねて、ひょんなことからお弁当を作ることに。
そんなこんなで2人のお弁当生活が始まりますが、佐伯さんが普段見せないような表情でお弁当を食べてくれるので、真柴くんもモチベーションが上がります。

でもクラスメイトにお弁当を作って来るって、傍から見たら不思議なこと。
次第に、自分の分も作って欲しいというクラスメイトが現れて、真柴くんのお弁当が人気に。

そこで他の人のも作ることになった真柴くんですが、
見かねた佐伯さんが「私の分はもういいから」と言います。

真柴くんは彼女がまた元の食生活に戻ることを危惧しますが、

「委員長がいなくてもちゃんと食べるし」

と言われてしまい2人のお弁当生活は一旦終わりを告げます…。

クラスメイトにお弁当を食べてもらうのは、喜んでもらえて嬉しいのは嬉しい。
でも何かが違う…。
佐伯さんの時ほど喜びが少ないというか。

そこで真柴くんは、お弁当を食べてくれる時の佐伯さんの顔を思い出しながら考えるのです。

元気がないとつい気になるのも、
料理を美味しく食べてほしいのも、
笑顔を見ると特別嬉しいのも、全部佐伯さんなんだと。

そう自覚した翌日、いつもより気合の入ったお弁当を作って行き、2人は仲直り。
こうして真柴くんは佐伯さんの胃袋を掴むことに成功したのです…!笑

その後も2人のお弁当生活は続きますが、煮え切らない関係は続きます。
真柴くんが恋愛に疎いので、佐伯さんがモヤモヤしたり。
いつもお世話になりっぱなしだから、今度は佐伯さんが頑張ってみたり。

2巻までで高校卒業まで行って、最終話は卒業後のお話も描かれてます。
も~初々しい2人が可愛くて、いいな~こんな恋愛したいな~って感じになること間違いなし!!

2巻までということで短すぎず長すぎず、程よい感じにまとまってるので気軽に読めます!
そして意外と、マジメ男子×ハデめ女子の漫画ってあんまりないような…?
逆だったら結構あるけど。なんか新鮮でした…!

読んで損なし。ぜひ読んでみてくださいー!!

-おすすめ漫画, ひとくち、ふたくち、

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.