好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

クイーンズ・クオリティ

:::クイーンズ・クオリティ 6巻27話感想:::

更新日:

ベツコミ2017年10月号に掲載、
クイーンズ・クオリティ6巻27話の感想です!
コミックスでは6巻収録になると思います♫

前回までのあらすじ

「銀のうみへび」の強大さを思い知り、力をつけるために旧白虎の元で修行をすることになった玖太郎と文。
得体の知れない旧白虎の元での修行は、一筋縄ではいかない…
と警戒した矢先、伝令役・秋山が現れ、力を試すために玖太郎に術をかけて…!?
2人の修行に、早くも怪しい雲行きが…。

6巻27話のあらすじ・感想

秋山を連れて堀北家に帰った一同。
改めて、旧白虎が文と玖太郎の修行を引き受けることが決まったと言い渡されます。

先程力を試した時に、玖太郎の弱さ・脆さの他に"伸びしろ"も感じたと言う秋山。
けれど力を伸ばすためには、覚悟も必要。

「打ち倒したい自分の弱さがなんであるのか、よくわきまえ覚悟を決めてからおいでください」

そうだよね、そろそろ玖太郎も自分の弱さに向き合わなければならない。。
文も黒の女王に向き合って、鈍色の女王の力を手に入れたんだから。

修行の出発は明日。
その前に、文は秋山にあるお願いをします。

それは、修行を終えたら自分の生い立ちについて何か教えてくれないか、ということ―。

文の母親は、白虎と何かしらの関わりがあるのは確か。
だって白虎の印が入った小刀を所持していたから。

と言っても秋山はあくまで"伝令役"のため、その辺の事情は把握していないようです。
ホントかー!?笑

**

文・久太郎・タカヤがリビングを出た後、先代は秋山を問い詰めます。

10年前の「白虎門の大病」の時にも顔を一切出さなかったこと、
そのために玄武の当主、玖太郎の両親が駆り出されて殉職したこと。

そんなことがあったのに、それ以降も旧白虎が陰を潜めていたのが先代にとって腹立たしいのです。

それに関しては秋山も素直に謝罪しますが、もうひとつ懸念が。

それは、あの大病ははじまりにすぎず、さらに絶望的な禍(わざわい)が待っているのではないかということ―。

この時のために旧白虎は備えてきたといいますが、どのように…?
白の女王についてもやはり何か情報を持ってるようです。
そして文の出自に関しても、検討がついているようで…。

文の母親は白虎本家筋出身で、タカヤの生き別れたお姉さんの可能性が―。
そうなると、文はタカヤの姪っ子ってことですね…!

文に血縁関係のある人がいて、それがしかもタカヤさんだなんて、感動…!
よかったねぇ文。天涯孤独ではなかったんだね(´;ω;`)
いつか知る時が来るんだろうか。
タカヤさんもまだ知らないのかな?

ってか、タカヤさんが今後死ぬ…とかホントやめて下さいね??文を守って死んだりとか嫌だからね…!
唯一の血縁関係だからって、フラグ立てないで下さいね?
もう文の悲しむ姿を見たくないの(´;ω;`)

あれ、でも前回タカヤさんと玖太郎パパは旧白虎の「本家筋」出身って言ってたよね。
ってことはタカヤさんと玖太郎パパは兄弟なのかなーって思ったけど、
そしたら玖太郎パパと文ママも姉弟ってことになっちゃうけど…すると文と玖太郎はイトコ?

あ~もうワケ分からなくなってきた。
まだタカヤさんと玖太郎パパが兄弟って決まったわけではないもんね。
「本家筋」にもいくつかあるのかもしれないし。

**

その頃、玖太郎はタカヤに相談をしていました。
まだ文に気持ちを伝えてはならないのか。
黒の女王が消えた今、記憶を取り戻して暴走することはもうないんじゃないのか―。

でもまだ彼女の中には、「白の女王」が残っている。

「玖太郎、おまえさ、自分の心の弱さの原因、文にずっと気持ちを言えずに辛いからとでも思ってんのか」

とタカヤさんに痛い所を突かれます。
弱い原因を文のせいにして、そのままでは文への気持ちが悪意になってしまう―。

**

玖太郎は外の空気を吸いながら、タカヤさんに言われたことを反芻します。
自分に弱さの底にあるもの、なんとなく見当はついてるけど正直しんどくて文に頼ろうとしている。
文が全部分かってくれて、甘えさせてくれたら、なんて…。

そんなことを思い耽っていると、文が呼びに来ます。
先代が、玄武の印の入った髪留めをくれたことを嬉しそうに話す文。
そしてそれは玖太郎のお母さんの形見でもあるのです。

そんな文を、玖太郎は思わず抱きしめてしまいます。

「好きだよ」

一瞬固まる文ですが、

「その髪型涼しそうで好きだ。髪留めも似合うしよかったな」

と玖太郎。
ビビビビックリしたー!!!!
もう我慢できずに言っちゃうのかと思った。
は~、、想いを伝えられないって切ないなぁ。。

**

翌日、電車で聖地に向かう2人。
タカヤさんは仕事が終わらなかったので向こうで合流することに。
そしてもう1人一緒に行ってほしい人がいると連絡が来ます。

その人とは……
アタル…!!!
同じ電車に乗り込んでいざ出発…ってえー!!
どうなるのこの修行!!

----------------------------------

アタルが完全復活してた…!
やっぱり今後は玄武の味方になってくれそうな感じだよね?
もうムシ遣いではなくなったし、掃除屋に転職かな?

この前まで敵だったし、嫌がらせばっかりしてきてたけど…頼もしく感じるのはなんでだろう。
なんだかんだで憎めないキャラなのかなー。
アタルも利用されてた側だったからね。
今後玄武に居場所を見い出せるといいですね!!

次回からの修業が楽しみです~♫

-クイーンズ・クオリティ

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.