好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

私は天才を飼っている。

:::私は天才を飼っている。5巻19話感想:::

投稿日:

Cheese!2017年11月号に掲載、
『私は天才を飼っている。』最新話19話の感想です!
コミックスでは6巻収録になると思います♫

前回までのあらすじ

仲間の契約を盾に取り、賀上社長はチリに浬を罠にかけるよう命じます。
瑚花を裏切りたくない気持ちと、浬への恋心、仲間への友情の中で葛藤し、チリが出した答えは…!?

5巻19話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

チリに貸した小岩井くんのPCから、社用PCがすべてウィルス感染…!
プログラミングの"クセ"で、チリの仕業だと見破った浬は、すぐに浸食を食い止めます。

そしてプログラミングの中に、彼女からの「要求」が記載されてたそうです。
それは、"笹倉千里を除くAwesomeのメンバーを無条件でKoNoCaに入れること"でした。

何が目的なのか、彼女を会社に呼び出して聞き出すことに。
って意外と素直に呼び出しに応じるのね🙄

と言っても浬には、賀上社長がチリを使って自分をおびき出そうとしてるのはなんとなく見当が付いてたみたいですが。

そうなんだけど、賀上社長を信頼しきれないチリは、浬を社長に会わせない方がいいと思ったそう。
それに仲間がeddeに残れたとしても不安が残る…。

ということで、賀上社長の命令を失敗したことにしてKoNaCaに仲間のことを託そうと思ったんだとか。

あ~良かった。最初からチリはeddeに残る気はなくて、賀上社長の命令を大人しく聞くつもりはなかったってことね。。

でもチリの意に反して、浬は父に会いに行くと言い出します。
そうしないと、今回は免れてもまたそのうち何かしてくるかもしれない、、そう思ったからです。

今までは父に会わないように逃げて生きてたけど、それももう終わり。
"準備が出来たから"だと言いますが、準備って…?

浬は家でやることがあると言い、会社を出ます。
チリに意味深なこと言って去って行くしー!!何する気…?
天才の考えてることは分からん(´・_・`)

去って行く浬を引き止めた小岩井くん。
何をしようとしてるのか聞き出そうとします。

eddeがIT業界の先駆者となるきっかけとなったシステムは、浬が作ったもの(2巻参照)。
それを賀上社長が浬から盗んだもの。

だから浬は、今ある父が作ったとされているシステムを超える、"新しいシステム"を作りたい―。
それが今KoNoCaで開発しているプログラム。

それを完成させて世に出したいんだとか。

KoNoCaを隠れ蓑にして開発していこうと思っていたけど、父親に所在がバレてそれも無理そうになった今、
このプログラムを持って会社を出て行くしかないと決意したそう…。

小岩井くんはそんなことしたらKoNoCaのみんなや瑚花も傷つくと制止しますが、、
「しなくちゃいけない」と浬。

小岩井くんに、瑚花のことも託します…。

も~天才の考えてることはよく分からない。
小岩井くんの気持ちがめっちゃ分かるわ~(;´・ω・)

自分の優れた能力が原因で、隠れて生活するしかなかった上に母もそのせいで亡くなってしまった。
だから自分に生きている意味がほしかった。
自分の能力で、自分にしか出来ないことが成し遂げられたら、自分が生きている意味を見い出せる…という考えらしいけど、、
凡人には理解困難です~( ノД`)。。

**

雨が降る中傘も持たずに一人暮らしの家に向かって歩く浬。
するとマンションの前に、瑚花がいるのを見つけます。

自分の目的を達成する為だったら手段を厭わないはずなのに…
瑚花の顔を見ると揺らぐのです。
瑚花が疑いのない純粋な眼差しで見つめるから余計に。。

顔を見たら帰るつもりだったと言う瑚花を、浬は抱きしめて引き止めます。

これからお世話になったKoNoCaを裏切り出て行く。
瑚花の両親には間違いなく嫌われる。

瑚花が自分の本性を知るのも時間の問題。
その時彼女はどう思うのか―。

嫌われたくない、もっと一緒にいたい…。

「今夜はこのままそばにいて」

恋人でいられるのもあとわずか。
浬は切なげな表情で瑚花にすがるのでした。

----------------------------------------

て、天才って色々と苦悩があって大変なんだな…。
天才なりの使命感とか、そういうのがあるのか。。
凡人に生まれて良かった(;´・ω・)

全部話しても、瑚花は全て受け入れてくれると思うけど。。
でも嫌われたくないって思うと、話すには勇気が要るよね。

うーん今後会社を出て行って、瑚花の両親がどういう反応するのかとか、
瑚花がどういう行動に出るのかとか、、想像がつかないー。

来月号を楽しみにしたいと思います。

-私は天才を飼っている。

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.