好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

恋わずらいのエリー

:::恋わずらいのエリー 6巻21話感想:::

投稿日:

デザート2017年12月号に掲載、
『恋わずらいのエリー』最新話、21話の感想です♫
コミックスでは6巻収録になると思います!

前回までのあらすじ

授業中にスマホを見ていたために、先生に没収されてしまったエリーと要くん。
それがきっかけで、エリー=恋わずらいのエリーだと要くんにバレてしまいます…!
そしてその要くんから、「友達になって下さい」と頼まれて…!?

6巻21話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

要くんに「友達になって」と頼まれて、固まるエリー。
しかも、

「オレは"恋わずらいのエリー"と友達になりたいわけ」

とツイッターの画面を見せてきますΣ(゚Д゚)

バ、バレた~!!!ww

しかも、

「考えといてね、エリー」

って!!
エリーって呼び始めてるし~!
その呼び名は近江くんの専売特許なのにぃ~!!

要くんは単純にエリーと仲良くなりたいだけのようですが、
エリーはみんなにバラさない代わりに脅迫されるんじゃないかと怯えております。

ゲームの課金を代わりにさせられたり…?
購買のパンを買って来いとパシリにされたり…?

ってそんなことしてくる男嫌だわww

お昼休み、そんな事を考えてひとり中庭で落ち込んでいると、近江くんが来てくれました。
2人は相変わらずラブラブで、みんなに見られないようにキスするのですが、、
その様子を紗羅ちゃんが目撃してしまいます。

近江くんがエリーと別れて1人になった後、紗羅ちゃんは近江くんに詰め寄ります。
えりつぃんを弄ぶな!と。

けれどそれに近江くんは反抗。

「つ…つきあってんだからこれくらい当然だし」

まだ2人が付き合ってると知らなかった紗羅ちゃん、そこで固まります。

そして更に、エリーが落ち込んでるみたいだから話を聞いてやって欲しいと頼まれるのです。

「友達にしか話せないようなことかもしれないし、よろしくね」

そう言われた後、エリーの所に向かった紗羅ちゃん。
何か変わったことがあったら話聞くからね、とそれとなく探りを入れたつもりでしたが…

「なんにもないよ、ありがとう」

と笑顔で答えるエリー。

エリーからしてみたら、心配かけまいという思いからそう言ったのですが、、
何かあったら話してほしいと思ってる沙羅ちゃんと、気持ちがすれ違ってしまいます。。

寂しそうな表情の紗羅ちゃんが切ない。。

**

放課後、いつもの田中さん(久しぶりの登場)に代わりに委員会に出て欲しいと言われ困るエリー。
というのも、沙羅ちゃんと帰りに買い物に行こうと約束しているのです。

ってか田中さん、怪我して松葉杖ついてるエリーに頼み事するのやめてあげて~💦

すると…困ってるエリーに要くんが助け舟を出してくれました!
ちょっと助け方がひねくれていましたが、要くんからしたら思った事を言っただけのようで。

実は誰よりもまっすぐな人なのかも…?と考えるエリー。

すると今度は、そこに沙羅ちゃんがやって来ます。

「どーも新しい友達です」

と紗羅ちゃんに向けて自己紹介する要くん。

いつの間にエリーに新しい友達が出来てたなんて…と沙羅ちゃんはしょんぼり。

「新しい友達にはなんでも話してるの?
どうして?どうして言ってくれないの?近江くんとのこと」

そう言って紗羅ちゃんは、走って帰ってしまいます…!

----------------------------

あぁ~紗羅ちゃんとの関係がこじれてしまいました。。
たしかにエリーもね、早く言っておけばよかったよね~。
いろいろとアドバイスしてくれたり、協力してもらってたもんね。

でもエリーは今まで友達があんまりいなかったから、
その辺の距離感がまだ掴めないんでしょう。。
でもそんなに大きいこじれ方じゃないし、気持ちを話せば分かってもらえるはず。

それにしても要くんが全面的に動き始めて、だんだんと近江くんが空気のような存在に…ww
要くん、エリーをこのまま好きになっちゃったりするのかなー??
今はまだそんな要素なさそうな感じですが、どうでしょう。

ヤキモチ妬く近江くんが見たいから、要くん頑張れ!!w

藤もも先生、しばらく体調が悪かったそうで休載が多かったのですが、今月号から本格的に連載再開だそうで。
ちょうど面白くなってきたところなので嬉しいです。
これからも体調に気を付けて頑張ってほしいです~♫
次回も楽しみにしています!

-恋わずらいのエリー

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.