好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

クイーンズ・クオリティ

:::クイーンズ・クオリティ 6巻29話感想:::

投稿日:

ベツコミ2017年12月号に掲載、
『クイーンズ・クオリティ』最新話29話の感想です♫
コミックスでは6巻収録になると思います!

前回までのあらすじ

夏休み、旧白虎の聖地で修行をすることになった文・玖太郎・アタル。
1日観光を終えた後で、白虎の使いの者と会いますが、、文が攫われて…!?

6巻29話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

文が船で攫われ、その後をボートで必死に追いかける玖太郎・アタル。
対岸に着いた頃には、2人の姿を見失ってしまいます。

きっとどこかに、白虎の隠れ里につながる入口があるはず。
2人は辺りを捜索し始めます。

それにしてもこの玄武男子2人、すっかり打ち解けちゃって。
アタルが「玖」って呼ぶのも定着してきてるし、いいコンビになりそうな予感。

…さてさて森の中の神社に辿り着いた2人。
そこで玖太郎は、祠に誰かが蹴ったような「足跡」が残ってることに気付きます。

その祠を動かすと…地下に続く階段が現れました…!
この隠し通路の先に、隠れ里があるはず。

グダグダ怖がるアタルを無理やり引っ張って笑、玖太郎はその隠し通路に足を踏み入れます…!!

**

その頃文は、夢を見ていました。
昔一緒に旅をしていた「先生」の夢―。

…目を覚ますと、目の前にはタカヤさんがいました。
ここは白虎の隠れ里、お屋敷の中の一室だそうです。

タカヤさんは文の夢の内容を聞くと、「またあとで」と言い部屋を後にします。

入れ違いに入って来たのは、湖のほとりで会った白虎の女性。
この女性は「小町さん」と言うらしい。

文が先代から貰った髪飾りを、一旦預かっていると言う小町さん。

大事なものなので返して欲しいと声を荒げますが、
「大事なものだからこそ」預かっていると言われてしまいます。

けれどこんなことで屈する文ではありません。
嫌がらせなら今まで色々受けてきた。

後で返してもらえるのなら、その時を待てばいい。

その言葉を聞いて、文のこれまでの人生に思いを馳せる小町さん。

「とてもつらい思いをしてきたのね。
それなのにこんなに立派に成長して。こんなに健やかに美しい人になって」

「がんばった、とってもがんばったのね。あの子もきっと喜んでいるわ」

と涙を流しながら文を抱きしめてくれます。

文はその優しさに、つられて涙が零れます。
そして彼女から、懐かしい誰かに似てるような"におい"を感じるのです―。

もしかして、文のお母さんのお姉さんとかなのかな…??
少なくとも、文にとって「敵」ではない存在であることは確か。

**

その頃玖太郎・アタルは、隠し通路を抜けて再び森に行き着いていました。
そしてそこで、白虎の者っぽい女の子と遭遇。

その女の子は、文の髪飾りを見せてきます。

文の命が惜しければ、自分に従え―

そういうことのようですが、少なくとも乱暴な目に遭ってるわけではなさそう。

というのもその子、文の髪飾りを見せた時、両手で丁重に扱っていたのです。

「口はあんなでも、人に敬意を払える奴ってこと。
細かいけど、そーいうとこに人の本質が出ると思うんだよね」

しかも文を取り返そうと必死な玖太郎を見て、どこか嬉しそうな表情を見せていました。
それだけ白虎の者が、文のことを大事に思ってるって証拠。

さすがムシ遣いだった時に色んな人を見てきただけあって、アタルの人を見る目はかなりのもののようです。

玖太郎に頼りにされて、アタルも嬉しそう。

さて2人が連れて行かれたのは、森の中にポツンとある小屋。

ここで「風呂に入れ」と言われ、その通りにするのですが…
その露天風呂にはお香が焚いてあって、
その香りのせいか2人はだんだんと意識がボンヤリとしてきます。

これは何かの術なのか…

しかし突如、露天風呂の外から文の声が聞こえてきます。
切羽詰まっているわけではなさそうですが、白虎の者に抵抗しているような声。

それを聞いて、玄武男子2人は風呂を飛び出します…!
裸一貫で飛び出そうとする玖太郎を、アタルが何とか制止ww

用意された浴衣を着て、2人はいざ声がする方に…!!
これが罠だとしても仕方ない、それならそれで受けて立つ。

さぁ2人に待ち構えているものとは…!?

--------------------------

お香の匂いで、普段の力が出せないっていう感じになるのかな…
息の合ってきた玄武男子2人なら、なんとかこの試練も乗り越えられるはず。

白虎が文のこと、白の女王のことをどこまで知ってるのか…
その辺も気になるところです。
そして白虎は文の味方になってくれるのか。

次回も楽しみにしたいと思います!!

-クイーンズ・クオリティ

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.