好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

私は天才を飼っている。

:::私は天才を飼っている。5巻21話感想:::

更新日:

Cheese!2018年1月号に掲載、
『私は天才を飼っている。』21話の感想です♫
コミックスでは5巻収録になると思います!

前回までのあらすじ

浬の様子がおかしいことに気付いた瑚花は、浬の部屋で一夜を過ごします。
けれど翌朝、浬の姿はなくて…。

5巻21話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

瑚花は浬に電話をかけてみますが、留守番電話になってしまい繋がらず…。
不安に駆られていると、小岩井くんから電話がかかって来ます。

けれどその電話は、瑚花を安心させるようなものではなく。
小岩井くん達も、浬の行方を捜しているようで…。

焦る瑚花は、一度実家に戻ってみることに。
もしかしたらそっちに浬が帰ってるのかもしれない、と考えますが―。

実家に戻るとお母さんが浬の部屋の荷物を運び出しているところでした。

「瑚花、浬くんはもうこの家に帰って来ないわ」

とお母さんに言われ、取り乱す瑚花。
するとお母さんが、全ての事情を話してくれました。

浬の父親が賀上だということ。
浬はお母さんの親友の子供で、父親と無関係だと信じて引き取ったこと。

「だけどその気持ちを浬くんは裏切った。
彼は今朝KoNoCaを出て行ったわ」

それも、開発中だったプログラムのデータをすべて消去して…。
これによって、KoNoCaでは開発を続ける術がなくなった。
投資額からしても、この損失はかなりもの…。

きっと最初から裏切るつもりだったのだろう、とお母さん。
だからそうなる前に出て行ってと忠告したのに…。

お母さんが浬に出て行くように言ったことにショックを受ける瑚花。

「どうして…。浬が悪いことしたなら、ちゃんとダメだって言ってあげればいいじゃない。
たとえどんな理由があったとしても、私達だけは浬を信じなきゃ。浬は私達の家族でしょう?」

瑚花はそう訴えますが、お母さんの想いは違ったようです。
お母さんにとって何より大事なのはお父さんと瑚花で、それを傷つける人を家族だとは思えないとのこと。

お母さんにとってもこれは、苦渋の決断だったのです―。

浬は本当は、この家でもずっとひとりぼっちだったのかもしれない。
そう思うと、瑚花は居ても立っても居られなくなるのでした…。

**

浬の辛い気持ちを察して、何が何でも見つけようと決心した瑚花。
浬の行きそうな場所を思い浮かべますが、公園以外に行きそうな場所が思い付きません。。

試しに大学、穂積先生の元を訪ねますが…浬の姿はありませんでした。
穂積先生から浬に電話をかけてもらいますが、これも繋がらず。

瑚花のあまりの剣幕に、先生も何かあったのかと驚きます。
事情を説明する前に、先生の携帯に一通の電話がかかって来ます。

それは先生の実家がある、離島の診療所から。
先生のお父さんが倒れたという電話だったのですが、診療所まで運んでくれたのが偶然そこに居合わせた浬だったそう―。

先生は今から離島に向かうとのことで、瑚花も一緒に連れて行ってもらうことに…!

**

離島まではフェリーで向かいます。
フェリーに揺られながら、瑚花は不安でいっぱいになりますが先生が和ませてくれます。

浬に会ったら何を言うべきなのか…。
お母さんが出て行けと言った以上、家に帰れなんて言えないし…。

ひとまずは1人で全て決めて何も言わずに出て行ってしまったこと、
自分から諦めてしまって捨ててしまおうとしてることに対して、文句を言おうと決めます。

「浬はきっと、君が怖いんだよ」

と先生。
瑚花はどこか、浬のお母さんに似ている。

まっすぐで献身的で、無理して亡くなった彼女のように、瑚花もいつか壊れちゃうんじゃないかと浬はきっと怯えている。

でもそれを聞いても、瑚花の考えは変わりません。

「私は大丈夫ってことをずっと証明し続ければいいんでしょ。
それなら私にだってできるもの!」

と笑顔の瑚花。
これには先生も、同意せざるを得ません。

**

島に着いて、先生に浬の行きそうな場所を教えてもらった瑚花。
海が見渡せる丘、浬の秘密の場所―。

教えてもらった場所に行くと、本当に浬がいました。
ここでもやっぱり、パソコンをいじっている浬。

瑚花は思わず、浬に抱きついて涙を流します。

「会えてよかった…!浬」

けれど浬は瑚花を離し、

「僕は瑚花と会うつもりなかった。
瑚花だって僕のこと、何も知らないくせに」

と目を逸らします。。
けれどそんなことでめげる瑚花ではないのです。

「だから知りたくて会いに来たの。だから逃げないで浬」

そう瑚花に言われてしまえば、弱い浬。
思わず瑚花を抱きしめる浬なのでした。

つづく。

------------------------

お母さんー!自分の夫と瑚花が大事なのは分かるけど、浬にもう少し優しくしてほしかった…。
浬は居場所を完全に失くしてしまったね…。。

傷心の浬を、瑚花は癒すことが出来るんでしょうかー!!
浬は瑚花にはとことん弱いから、抱えてること全部話して楽になってほしいです。

次回も楽しみにしています!!

-私は天才を飼っている。

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.