好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

クイーンズ・クオリティ

:::クイーンズ・クオリティ 7巻31話感想:::

更新日:


クイーンズ・クオリティ(7)最富キョウスケ

ベツコミ2018年2月号に掲載、
『クイーンズ・クオリティ』31話の感想です♫
コミックスでは7巻収録になると思います!

前回までのあらすじ

白虎当主の案内の元、ウチガワにある聖地へと辿り着いた玄武組。
けれど玖太郎だけがはぐれてしまいます。
一刻も早く玖太郎を探そうとする文の前に、不思議な猫が現れて…!?

7巻31話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

文の前に現れた不思議な白猫は、玖太郎の元に案内してくれると言います。
けれど急いで連れて行けるのは文だけだとのこと。

急いで向かわなければ、玖太郎が危ない―。

その猫は、文の味方だと言います。
何者かはハッキリしないけれど、信じて付いて行くことに。

その猫に促され、猫を抱きしめると文は瞬間移動。

その瞬間、文は温かくて懐かしい感じを覚えます。
どこかで会ったことのあるような―。

**

その頃玖太郎は、自分の姿をした幽霊に苦しめられていました。

その幽霊は玖太郎の「本心」だと言い、言葉で弱みを突いてきます。

「どうせまた守れない、おまえが一番わかってるだろ」

文のことを守るなんて出来ない、きっと嫌われる、
亡くなった両親も失望している…

痛い所を突かれ、玖太郎は自我を放棄しそうになりますが…

そこに文と白猫が登場。

けれど玖太郎の姿をした幽霊が、文に取り入ろうとします。

「心配して来てくれたのか、文。ありがとな」

と文を抱きしめたと思うと、本物の玖太郎を指差し、

「あいつは偽物だ、いきなり襲ってきた。
偽物のゴミに騙されるかよ、戎具も出せない雑なモノマネに」

などと精一杯の悪意で侮辱します。

けれど本物の玖太郎がどちらか、文はすぐに見破ります。

「玖太郎さまは悪意だろうとムシだろうと、侮辱したり見下してあざ笑ったりしたことはないんですよ」

なぜならそうする必要のないくらい強い人だから―。

文が幽霊に立ち向かおうとすると、白猫が間に立ち、言葉だけでその幽霊を追い払います。

「時が来たのだ。正気を振り絞り己を取り戻せ。
務めを果たせ、『蝙蝠(コウモリ)』」

その幽霊は、悲鳴と共に玖太郎に謝り消えていきますが…?

幽霊は一時的に逃げただけのようで、また襲ってくるだろうとのこと。

白猫があの幽霊の正体を詳しく知っているようですが、ひとまずは満身創痍の玖太郎を安全な場所に連れて行くことに。

というのもここ聖地に降りしきる雨は、亡くなった人達の記憶の雫。
弱ってると濡れて悲しみが染み込んで、己の心を損ねてしまうとのこと。

ということで玖太郎を近くにあった樹の下へ連れて行き、雨が当たらないようにします。

玖太郎はかなり弱っており、メンタルもやられているよう。
自分は弱いと落胆する玖太郎を、文が励まそうとしますが、、

「おまえだってわかんないだろ!今の俺の気持ちなんて」

と声を荒げられてしまいます。

一瞬2人の間に気まずい空気が流れますが、すぐに玖太郎は自分の失態を謝罪します。

「ごめん、ひどい事言った。
ただの八つ当たりだ、自分でもなんでこんなに心が折れてんのかわかんないんだ」

こんなに情けない所、文に見せたくなかった…。

玖太郎は白猫に促され、弱った心を立て直すためにもしばしの間眠りに入ります。

そしてその白猫、一眠りして目が覚めたら、さっきの幽霊が何者なのか教えてくれるとのこと。

あの幽霊も、哀れな者で救いが必要だとのことですが…?

玖太郎が眠ってる間、玖太郎のことが好きだと白猫に見破られた文。
文はそれを素直に認めつつ、玖太郎には他に好きな人がいることを説明します。

「ふゆちゃん」という小さい頃から心に決めた人が…。

けれどその名前を聞いて、白猫は訳知り顔…?

そして一言、

「わたしはとってもとってもあなたの味方。
昔もいまも、これからも何があっても誰よりも」

と言うのです。
この猫の正体は一体…?

つづく。

-----------------------

玖太郎を襲った幽霊は誰なんだろ。
玖太郎の両親のどちらかかな~?とか思ったけど。

白猫の口ぶりだと、どうやら呪いにかかってるようなので…
白虎門の大病で亡くなった時に、呪いがかけられてしまったのかなー?とか。

次回幽霊の正体が明らかになるかな??

そして白猫の正体も気になりますね。
実は文自身の本心?だから「ふゆちゃん」のことも知ってたり?とか。

あとはふみのお母さんだったり、小町さんの可能性もあるかな?

どちらも次回明らかになるでしょうか。
楽しみに待ちたいと思います!

-クイーンズ・クオリティ

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.