好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

テリトリーMの住人

:::テリトリーMの住人 9巻32話感想:::

更新日:

別冊マーガレット2019年9月号に掲載、
『テリトリーMの住人』32話の感想です♫
コミックスでは9巻収録になると思います!

前回までのあらすじ

みんなで星を見に行った日、宏紀は瑛茉への気持ちを抑えきれずキスしてしまい…!?

9巻32話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

公園から帰宅した後、瑛茉の許可なくキスしてしまったことに落ち込む宏紀。
次に瑛茉に会ったらなんて言われるのか、悪い想像ばかりしてしまい頭が真っ白になってしまいます。

**

眠れない夜を過ごし、宏紀は朝いちで瑛茉に謝りに行きます。
キスしてしまったのはいい加減な気持ちじゃないことを伝え、テストが終わったら改めて伝えたいことがあると約束を取り付けます。

想像に反して、瑛茉が怒っている様子はなく安心する宏紀。

**

学校にて、瑛茉はこまちゃんに昨日あったことを伝えます。
あの宏紀が瑛茉にキス!?と驚きを隠せないこまちゃん。

そして完全に恋する乙女モードの瑛茉を見て、嬉しそうなこまちゃんなのでした。

**

昼休み、みんなでご飯を食べようと宏紀の教室まで迎えに行きますが、、
熱を出して保健室で休んでることが発覚。

みんなで保健室に様子を見に行くと、熱にうなされて寝ている宏紀の姿が。
そこですかさず瑛茉、家まで送ると提案。

表情には出にくいけど、宏紀のことが心配なんだよね☺

**

申し訳なさそうに瑛茉に家まで送られる宏紀。
なんとか家までたどり着きますが、相当つらそうです。

ベッドに横になった途端寝入ってしまう宏紀のおでこは、とっても熱い。
そうこうしているうちに、宏紀のお母さんが帰ってきました。

お母さんに宏紀のことをお願いして帰宅することにした瑛茉ですが、お母さんは楽観的で、いまいち宏紀のことを心配してない様子。
「これがお兄ちゃんだったら心配だけど」なんて笑い飛ばすもんだから、違和感を感じてしまいます。

**

その日の夜、こまちゃんに宏紀のお母さんの発言について相談すると…
宏紀のお兄ちゃんが今は完治しているけど難病であったことを知らされます。

それに反して宏紀は昔から丈夫で、昔から放っておかれがちなんだとか。
それでひとりで公園で遊ぶことが多かったみたい。

そんな時に瑛茉は宏紀に出会ったんですね。
その時の宏紀がひとりぼっちでどれほど寂しかったか、彼の気持ちを想い図ります…。

**

熱にうなされ夜中に起きた宏紀。
枕元に、瑛茉が置いていったスポーツドリンクとグミが。

そしてグミのパッケージに、瑛茉が書いていったメッセージが!
「HAPPY BIRTHDAY!!」というたったの一言ですが、それが宏紀には嬉しくてたまらないのです。

**

翌日、すっかり元気になった宏紀。
登校中の瑛茉に昨日のお礼を言います。
メッセージが嬉しかったことも伝え、それを聞いて嬉しそうな瑛茉。

はたから見たら完全にラブラブカップルです😚

そして宏紀は、改めて瑛茉に

「テスト最終日終わったら、公園で待ってる」

と伝えます…!

**

ドキドキで集中できないながらもなんとかテスト最終日を迎え、公園に向かう瑛茉。
この公園は瑛茉と宏紀が初めて出会った場所。

思い出の場所で宏紀は瑛茉に気持ちを伝えたかったんですね❤

そして宏紀はまっすぐ想いを伝えます!

「好きです。俺とつきあってください」

と!!
すると瑛茉、即答でOKの返事!

まさかOKがもらえると思ってなかった宏紀は信じられない様子。

でも瑛茉の

「私も宏紀が好きだから」

という言葉を聞いて、やっと両想いなんだと実感するのでした…!!
そのあとはキスのやり直し♡

初めてのキスは直後に宏紀が謝っちゃうしで微妙な雰囲気になってしまいましたからね!!
穂積推しの私ですら、よかったねぇ~!と思えちゃうこのシーン、必見です!

**

あぁとうとう、宏紀と瑛茉がくっついてしまった…。
嬉しそうな2人を見るのはとっても嬉しい。
でも穂積…穂積のことがどうしても頭をよぎってしまいます😭

もう穂積にはチャンスはないのかな?と未練タラタラ…。
もしこのまま2人がラブラブでエンドを迎えるなら、穂積にも救いがほしいよー!

そろそろ最終回も近いんでしょうか?
今後の展開も目が離せないです…!!

 

≪関連書籍≫


テリトリーMの住人(8)南塔子


別冊マーガレット2019年9月号

-テリトリーMの住人

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.