好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

コレットは死ぬことにした

:::コレットは死ぬことにした 11巻64話感想:::

投稿日:


コレットは死ぬことにした(11)幸村アルト

『コレットは死ぬことにした』11巻64話の感想です♫

前回までのあらすじ

メンテちゃんが消える時に言い残した言葉で、コレットは「ハデス様とずっと一緒にいられるわけではない」ことに気づいて…。

11巻64話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

今回はガイコツ達目線のお話ですね。
内容はと言うと、ハデス様の幼少期の妄想。笑

メンテちゃんくらいの大きさのハデス様をひたすら妄想して楽しむというw
ガイコツ達のハデス様愛がビシビシと伝わってきます。

大事に大事にお育てしてきたハデス様、
いつの間に立派になられたのが少し寂しような、まだ手のかかる若君でいてほしいような…。

そしてそのハデス様が、今やコレットを気に入っている。
それを認めたくはないけど、どんなハデス様にも仕えたいっていう気持ちは変わらない。

この先冥府にどんな変化が起ころうともー…。

っていう、この先冥府に変化が起きるであろうフラグを感じる回でした~!!
コレット、ガイコツ達は味方ではないけど敵ではない!!

むしろハデス様を想う気持ちはみんな一緒なはず!
ハデス様を大事に想ってるガイコツ達だから、2人がくっついてもきっと理解してくれるはず。

神様と人間、いろいろな問題があるけど頑張ってほしいなぁ。

-コレットは死ぬことにした

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.