好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

コレットは死ぬことにした

:::コレットは死ぬことにした 11巻65話感想:::

投稿日:


コレットは死ぬことにした(11)幸村アルト

『コレットは死ぬことにした』11巻65話の感想です♫

前回までのあらすじ

メンテちゃんが消える時に言い残した言葉で、コレットは「ハデス様とずっと一緒にいられるわけではない」ことに気づいて…。
一方、ガイコツ達はハデス様の幼い頃を思い出し、この先冥府にどんな変化が起ころうとも彼について行こうと改めて思います。

11巻65話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

メンテちゃんがいなくなってから、冥府に1本の若木が生えました。
知らせを受けて、みんなでその木を見に行くコレット達。

ハデス様、冥府にまさか木が生えるなんて…と不思議に思っている様子。
と同時に、メンテちゃんの時みたいにまた突然枯れるんじゃないかと心配そう。

そんなハデス様の気持ちを察して、

「地上で栽培するときも挑戦と失敗と発見の繰り返しです」

「冥府にも植物は生まれる。発見ですね、よかったねハデス様」

と励まします。
コレットの言葉でハデス様の表情が和らぎましたー!
相変わらずラブラブ❤

…そんな彼らを見守るアスポデロスの亡霊たちの中に、コレットのことを知っている亡霊が。
たぶん、コレットのお母さん。

その亡霊も、「知っているような気がする」だけで生前の記憶は忘れかけてるみたいですが。
話しかけたりはせず、コレットの幸せを遠くから願ってくれます。

そしてコレットも、ここにお父さん・お母さんがいたとしても会いたいとは思わないとのこと。

ここで2人ゆっくり休んでくれてたらそれでいい。
だから探さないし会わないと、先生の時に一度掟を破ってから決めたんだそう。

そう話すコレットの表情は穏やかで、無理してるんじゃなく自然にそう思えるようになったみたい。

**

さて、木の視察を終えた一行。
ハデス様の提案で、コレットは先日途中で終わってしまった凍土探検のリベンジに行くことに!

コートや手袋の準備を頼まれたハリー、めっちゃ嬉しそう。笑
ハリーはほんと可愛いなぁ~!!

さてさて次回、凍土探検デートリベンジ❤
甘々な2人が見れちゃうのでしょうか~😍💕

-コレットは死ぬことにした

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.