好きな少女漫画について語ります♫

日なたの窓に憧れて

コレットは死ぬことにした

:::コレットは死ぬことにした 11巻66話感想:::

投稿日:


コレットは死ぬことにした(11)幸村アルト

『コレットは死ぬことにした』11巻66話の感想です♫

前回までのあらすじ

ハデス様の提案で、凍土探検デートリベンジすることに…!

11巻66話のあらすじ・感想【ネタバレ注意】

凍土探検リベンジにいざ出発。
コレットはお茶とお菓子を持って準備万端です。

早くもスイセンのある場所に到着、
相変わらず光に当たってキラキラと綺麗です。

そして手を繋いだままの2人❤
これは完全にデート!!

凍土を奥に進むと、氷の森に到着。
木の幹みたいになってる柱があちこちにあるその場所は、これまた絶景。

2人はそこでシートを広げてお茶することに。
ふたりきりでこうやって誰にも邪魔されずにゆっくり…って久しぶりじゃない?

コレットはもちろん、ハデス様も嬉しそう…❤
理由もないのにコレットの顔じーっと見ちゃったりなんかして。

そんなラブラブムードの中、コレットはハリーが持たせてくれたお菓子の箱に手紙が入ってるのに気づきます。
なんと、ハリーから「告白してみては?」のメッセージ笑

ハデス様にはギリギリ見られてなくてセーーフ。

その手紙を見て、コレットは一気に様子がおかしくなります。笑
そばにいられればそれでいいと思ってたけど、やっぱり気持ちを伝えるべき…?とぐるぐる。

でも伝えたとしてハデス様を困らせたら、気まずくて冥府にも来られなくなるかもしれないし。

なーんてぐるぐる考えてると、様子のおかしいコレットを気遣ってハデス様が声をかけてくれます。
これまた嬉しくなるような、期待したくなるような言葉をかけてくるわけですよ。

凍土の次はどこに行こうかなんて、未来の話をさー。

それでドキドキが止まらなくなったコレット、
意を決してハデス様に気持ちを伝えようとします。

でも!!
言いかけたところで凍土の出口に着いてしまい、カロンに邪魔されてしまうのでした😂
完全にタイミングを逃したコレット、そのあとも言うことはできず。。

告白をしくじり落ち込んでるコレットを、ハリーがなぐさめてくれます。
でも改めて自分の気持ちを整理してみると、コレットは自分が落ち込んでないことに気づきます。

気は抜けたけど、悔しいとか残念とか思っていない。

むしろ、失敗したことちょっとほっとしてる自分がいる…?

コレットは自分の気持ちがよくわからなくなるのでした。

**

あぁ~告白はできずじまいでしたね!!
でも今回は、ハリーの手紙を見て焦ってしようとした感じだから、自分のタイミングでできるといいなぁ~。

てゆか!コレットの告白をハデス様があしらったりするわけないんだから、安心していいんだよコレット~😭
って、やっぱり立場とか、冥府に来られなくなるかも…とか考えると尻込みしちゃうよね。。

ここはやっぱり!ハデス様から言ってもらうしかない!
ハデス様!そこのとこどうなんでしょう!?頼むよー!!!

2人のラブラブを早く見たい気持ちと、
付き合う前のこのふわふわした感じをもう少し楽しんでいたい気持ちと、半分半分です。

-コレットは死ぬことにした

Copyright© 日なたの窓に憧れて , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.